Windowsクライアントで作成した資材をLinuxサーバー上に配置するときに結構よくやる失敗

Linux, Windows

LinuxクライアントからLinuxサーバー、WindowsクライアントからWindowsサーバーでは発生しないが、Windowsクライアントで作成したシェルスクリプトなどをLinuxサーバーに持っていったりするときによくやる失敗。

改行コードが CRLF となっている。

これは非常によくやる失敗。単純だが意外と目立たない。まったく動かない場合もアルが、微妙に動いたりする場合もあるので分かりにくい。数日間もこれに費やしてしまった。

Linux, Windows

Posted by genzouw