Groovy Eclipse Pluginを試してみた

2019-02-12Eclipse, Grails, Groovy

以前もブログに書きましたが、家のOSを Ubuntu に変えました。いくつか使用感として気になるところはありましたが、アプリをいくつか追加インストールして今のところは使用しています。

さて、今まで groovygrails はサクラエディタを使って開発していたのですが、当然 ubuntu では使えません。したがって新しいエディタなり、開発環境を作らなければなりません。

geditを使ってみる

まずは標準で組み込まれているテキストエディタ gedit を試してみました。

結果、キーワードがハイライト表示されない。 htmljava などはハイライト表示される。設定方法が不明なので・・・却下。

Emacsを使ってみる

Emacs使ってみた。
・・・いいんです。ハイライト表示も groovyemacs 設定サイトを見たら、簡単にできました。

でも・・・キーボード操作がなぁ。コピペとかリドゥとか細かいところがどうしてもなれないし、小指が痛いw。Windowsからの移行では多分に違和感があります。却下。

Eclipse Pluginを使ってみる

軽いエディタを諦め、Eclipseを使うことにしました。

まずは Synaptic から、Eclipse追加。問題なくEclipse起動。

次に、「 ヘルプ->ソフトウェア更新->検索およびインストール 」と選択する。ポップアップ画面で、「インストールする新規フィーチャーを検索」を選び、「 次へ 」ボタン。

新規リモートサイト 」ボタンを押して 名前 に適当に(groovyとしておいた)、 url には Groovy – Eclipse Plugin サイトにかかれているアップデートサイトurlを記述( http://dist.codehaus.org/groovy/distributions/update/ )。「 次へ 」ボタン。

あとは流れに身を任せていけば(?)インストール完了。

感想

Grailsプロジェクトが新規作成できるようになっています。

でも 新規プロジェクト作成 はあとで。
既存のGrailsプロジェクト を取り込んでみる。

うわ、めちゃ簡単。Eclipse上にエラーも出ませんでした。簡単に動かした感じでは、補完も効きそうです。

2019-02-12Eclipse, Grails, Groovy